現在の暗号通貨投資スタイル

今回は僕の現在の暗号通貨投資スタイルを紹介したいと思います。
投資スタイルは人それぞれですが、一応利率100%を達成していますので、
参考になるところがあれば幸いです。

分散投資+ドルコスト平均法+ひたすらホールドが一番

以前の記事で現在の資産構成を紹介しました。
2017年8月現在の資産構成と利用取引所・販売所
最新の相場だと以下になっています。

MoneroとDASHの爆上げで資産が2日で10万円増えてますねw
含み益は80万円となりました。

この円グラフを見せてしまうと説得力がないですが、
僕はポートフォリオをBTC:20%、ETH:20%、XEM:20%、XRP:20%、DASH:10%、Monero:10%にしようと毎月投資しています。
投資スタイルは、分散投資+ドルコスト平均法+ひたすらホールド、それだけです。

次に資金を投入するタイミングで、もし資産割合が今のままだったら、
MoneroとDASHを買うことはなく、一番多く買うのはXRPになりますね。

それでもMoneroとDASHを売ることはありません。ホールドです。
リップルが50円に到達したときに売らなかったのは若干後悔していますが、
それでもホールドしたという事実が、急落相場でのホールド力を上げてくれます。

この投資法で何が良いかというと、
単体通貨の相場変動があっても資産全体は安定していることです。
以前はビットコインが下がればアルトコインが下がる、
みたいな相場で分散投資があまり意味をなしませんでしたが、
今は通貨それぞれがその特徴と新ニュースで相場変動を起こしており、
大きな変動はかなり吸収できます。
実際、僕は今まで元本割れを起こしたことがほとんどありません。
6月の全体暴落時には一瞬割れましたが、翌日にはほぼ2倍まで跳ね上がりましたw

暗号通貨は長期投資

僕は暗号通貨で短期売買をすることには懐疑的です。

時価総額がまだまだ少ない未熟な市場なので、一部の投資家の売買で大きく相場は動きます。
レバレッジをかけて売買するなんて正気の沙汰ではないと思います。

長期(数年スパン)で見れは絶対上がりますし、
上がると思っている通貨以外買わないようにしています。

Litecoinはビットコインのハードフォークでほぼ用済みになったと考え、もう追加投資はしないつもりですし、
Factomもビットコイン2.0として特に秀でたものがあるわけでもなくイーサやネム、リップルとの差が開いたため、追加投資を控えています。

Coincheckでのアルトコインの売買はレバレッジが広い(最低でも約4%)ですし、
日本ではまだ税金面が不透明なことも有り、少なくとも来年までは利確はしないと思います。
これで大損こいたら笑ってくださいw

もちろん短期売買で僕よりも高い利回りを上げている人は大勢いると思います。
でもそれには相応のリスクがあることを忘れてはいけません。
暗号通貨は戦い方次第でほぼ確実に勝てるボーナスステージです。
僕はコツコツ利益を積み重ねるやり方を貫きたいと思います。

皆さんもぜひ自分の投資スタイルを確立して、暗号通貨市場を盛り上げていきましょう。