暗号通貨はどのウォレットで保管するべき?

今回は暗号通貨を保管するウォレットについて書きたいと思います。

一番安全なのはやはりハードウェアウォレット

暗号通貨の保管にはウォレットが必要です。
暗号鍵を記憶できる人は別ですが(言うならばブレインウォレット?)、
現実的には紙や金属プレートに記録したり(コールドウォレット)、
パソコンのクライアントソフトを利用したり(デスクトップウォレット)、
Jaxx等のウォレットサイト、取引所のウォレットを利用したり(Webウォレット)、
Ledger Nano Sのようなハードウェアウォレットを利用するわけです。

この中で資産を失う心配が最も低いのは、
やはりハードウェアウォレットです。

理由は“暗号鍵が外部に漏れる心配がないから”、この一点です。

コールドウォレットは生成に利用したPCが既にハッキングされているとその時点で暗号鍵が漏れますし、
デスクトップウォレットもキーロガー等が仕掛けられているとパスフレーズから暗号鍵が復号されてしまいます。
WebウォレットはIDとpassが漏れたら資産を簡単に盗まれますし、
Mt.Goxのようにサイト自体に逃げられたら一巻の終わりです。
たとえ二段階認証を設定していたとしても、QRコードをキャプチャされていたら意味ないですよね。

ハードウェアウォレットは暗号鍵を内部に持ち、それを知ることは所有者にもできません。
PCと繋ぎ、PINコードを入力した上で、トランザクションを内部で認証するだけです。
自宅に侵入して物理的に盗んだとしても、PINコードを複数回間違えるとウォレットは初期化されます。

しかしそれではハードウェアウォレットが壊れたときに資産が失われてしまうので、
Hierarchical Deterministic(HD)ウォレットという仕組みが存在しています。

Ledger Nano Sを例に取ると、初期設定時に表示される24個のシードがあれば、
別のLedger Nano Sにいくらでも資産を復元できます。
同時に複数のウォレットに同じシードを設定して予備として持っておくこともできます。

つまり、ハードウェアウォレットに暗号通貨を保管するとき、
資産を盗まれるリスクは”HDウォレットのシードのみ”になります。

シードは24個の英単語です。
1.頑張って記憶する
2.メモで残す
このどちらかになりますが、一般的に暗号通貨狙いで家に侵入されることは
まだあまり考えられないので、メモで残しておけばいいと思います。
火事が心配な場合は頑張って記憶するか、
Cryptosteelのような金属プレートを利用しましょう。

ある程度の額を超えたらハードウェアウォレットに移すべき!

以上の理由から、ハードウェアウォレットに対応している通貨は
ハードウェアウォレットに保管することを絶対におすすめします。

Ledger Nano Sなら以下の10通貨に対応しています。
ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・イーサリアムクラシック・リップル・ライトコイン・Dogecoin・Zcash・DASH・Stratis

コインチェックで取り扱われている通貨のうち対応していないのは
Lisk・Factom・Monero・Augur・NEM
ですね。
このうち僕はMoneroとNEMを保有していますが、
この2つは残念ながらまだWebウォレットに入れています。
そろそろ金額が大きくなってきたので、少なくともデスクトップウォレットには移したいところですね。
NEMは10000XEM以上あればNanoWalletでハーベストにも参加できますし。

ただ、注意点としてコインチェック等の取引所のウォレットから
ハードウェアウォレットやデスクトップウォレットに送金するときは
手数料がかかることを念頭に置かなければいけません。

とくにビットコインは手数料が高く、
コインチェックでは何と0.001BTC(約500円)も取られます。

1万円分のビットコインを送るのに500円も取られたらたまったもんじゃありません。
手数料は送金額によって変わらないところが多いので、
ある程度の額が貯まったらハードウェアウォレットに移すというのがオススメです。

リップルやネムは数円から数十円の手数料なので、こまめに移してもいいと思います。
ネムはちょっと前まで15XEMも取られてましたが手数料改定で0.5XEMに下がり本当に良かったです。

みなさんも積極的にハードウェアウォレットを活用して自分の資産を守りましょう。


Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】